中里医院HOME
豊橋市から徒歩一分
初診の方はまずお電話でご連絡を!

薬物療法とその他の生物学的治療法

1   抗不安薬:主に不安,動悸、呼吸困難感、緊張などをほぐします。不定愁訴(なんとなく体の具合がおかしい、倦怠感、動悸、めまい、熱感、発汗、頭痛、息苦しいといった症状)にも有効です。
2   抗うつ薬:抗うつ薬による治療は、真性のうつ病に対しては第一選択の治療法です。
うつ病以外でも「うつ症状」を示す病態は少なくなく、これには抗不安薬のほうが有効な場合があります。抗うつ薬の中でもSSRIという一群の薬剤は、パニック障害、強迫性障害などにも有効です。
3   抗精神病薬:不穏・興奮・幻聴・妄想などに使用します。統合失調症には第一選択の薬剤です。催眠作用を期待して使用する場合もあります。
4   睡眠薬:入眠困難や中途覚醒、睡眠リズムの障害に使用します。うつ病の場合、睡眠障害を伴うことが多く、たいてい睡眠薬も併用します。依存性を生じることがあるので、注意が必要です。
5   電気痙攣療法:難治性のうつ病に使用することがあります。劇的に効くときがあります。この治療法は手術室で麻酔下で行なわなければなりません。そのため、本治療法を行なう場合は、手術室があって入院ができる病院をご紹介いたします。
     

精神療法、カウンセリング、生活指導

1   心療内科、精神科の診察は、まず患者さんの生育歴、家族歴、生活歴、現在の置かれた立場などを詳しくお聴きするところから始まります。
2  

以上のようにして患者さんが、今後どう振る舞い、生活すればよいかを一緒に考えます。同時に現在どのような薬が最適かを検討します。

3   患者さんの改善度に合わせて、さらに深く職場・学校での事情や家庭状況などをお伺いし、今後の静養の仕方や行動指針、また薬の増減や変更を患者さんと話し合って考えていきます。
4   つまり、以上にはすでに精神療法、カウンセリング、生活指導が含まれています。そこに薬物療法もまざって治療は進んでいきます。これが心療内科、精神科の基本的な治療方法です。
     
     

当院でよく見られる病態

1  

神経症性の愁訴:なんとなく頭が重い、目がチカチカする、目の奥が痛い、喉が詰まった感じがする、息苦しい感じ、息がしにくい感じ、胸のあたりが重苦しい、胃が悪くないのに胃痛や吐き気がする、なんとなくふわふわする、ちょっとしたことで胸がどきどきする、狭い場所が苦手(飛行機、新幹線など)、人前で緊張しすぎる、過呼吸になりそう、何か重大な病気に罹っている気がする・・・。これらの症状は、神経質な方によく見られます。精神療法と安定剤でとても楽になります。

2  

うつ状態:内因性のうつ病によるうつ状態には抗うつ薬がきわめて有効です。

 他の原因によるうつ状態、すなわち過重労働、人間関係の疲れ、職場での悩み、育児疲れには、抗うつ薬の効果は限定的です。精神療法と(抗うつ薬ではない)抗不安薬の組み合わせが効くことが少なくありません。環境調整が必要になる場合もあります。

3  

不安状態:いろいろな場合に不安状態が生じます。原因がはっきり分かっている場合は原因を取り除けばよいのですが、原因の分からない不安をもつ人が少なくありません。パニック状態になる方も見えます。それには抗不安薬とSSRIが著効を示します。精神療法やカウンセリングも有効ですが、それと分からないように行われないと効果が帳消しになるというパラドックスがあります。

4  

強迫症状:大きく分けて確認強迫と不潔恐怖があります。確認強迫は、鍵、水道の栓などを閉めたかどうか気になってしかたがなく、自分でも馬鹿らしいと思いながらも確認しなければ気がすまない状態です。
不潔恐怖は、手を洗ってもまだ汚いような気がして、何度も手を洗わないと気がすまない状態です。これを洗浄強迫と呼びます。

これらの病態に対して最近ではよく効く薬剤ができてきました。(20年ほど前まで強迫症状によく効く薬剤はありませんでした。)
4  

幻覚妄想:誰もいないのに声が聴こえる。他人に見られているような気がする。向こうの人が自分の噂をしているように感じる。テレビが自分のことを言っているような気がする。こうした体験は統合失調症に多く見られます。抗精神病薬が有効です。精神療法やカウンセリングだけでは、これらの症状をすみやかに改善させることは困難です。